タイ・特別観光ビザ(STV)に必要な医療保険について(10月16日時点での情報)

10月から新たに導入された特別観光ビザ(STV)について、タイ大使館HPにも必要な医療保険の詳細が掲載されました。

必要書類の8番目に、以下のように記載があります。

8. タイ国内保険会社の医療保険証原本及びコピー1部**医療保険証は、以下の2つの内容を含むこと。
① タイ国内で治療費用補償がある保険で、補償額が外来患者の場合は40,000バーツ以上、入院患者の場合は400,000バーツ以上であり、補償期間は滞在期間中が補償されていること。
② 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万米ドル以上もしくは1,100万円以上の治療補償額があること。
**タイ国内保険会社の医療保険は、以下のウェブサイトから加入可能 https://longstay.tgia.org

上記について、弊社では10万米ドル以上の治療費用が付帯されている海外旅行保険があれば、①・②の両方をカバーできると判断しておりました。

しかしその後、実際にタイ大使館に複数回に渡って問合せた結果、タイ現地にある医療保険で無ければ認められないという結論に至りました。そうなると、タイ現地にご親族やご自身の所属するコミュニティーを持った方しか現時点ではこのビザ申請は出来ないということになります(例えネットで現地医療保険に加入出来ても、医療証の原本をタイ大使館に提出する必要があるからです)。

大使館の方に物理的に厳しい点を説明するも、大使館ではタイ政府より指示された文書通りしか対応は出来ないとのことです。

そのため、当初はSTVビザ申請を考えられていた方の中には、タイ特別便による入国に切り替えて申請をされる方もいらっしゃるようです。

また詳細の情報が入りましたら、弊社HPにてお伝えします。

PAGE TOP